セルノートの成分でバストアップできる理由とは

セルノートの成分がどうやってバストアップを可能にするかを説明します。

 

胸が小さい人がバストアップするために、土台作りが必要となります。
土台とは、胸に脂肪をつけるということなんです。

 

脂肪をつけないかぎり、胸が小さい人が生活習慣やマッサージ、エクササイズなどをおこなっていても脂肪量が少ないためバストアップ効果が得ることが出来ないです。

 

セルノートは。「プエラリア」と「ボルフィリン」という成分が配合されています。
まずセルノートを胸に塗ることでプエラリアの成分が作用します。
プエラリアは、胸に脂肪をつきやすくする成分効果があります。
セルノートはバストアップクリームなので、直接胸にクリームを塗ることができます。よって、セルノートはピンポイントで脂肪を付けたい場所につけることができるのでサプリメントでプエラリア効果を得るよりも効率がよいです。

 

セルノートで脂肪をつけた後は、ついた脂肪を効率よく増やす事が大切になってきます。

 

そこで、セルノートに配合されている成分「ボルフィリン」の効果が役に立ちます。
「ボルフィリン」は、プエラリアでつけた脂肪を、どんどん増殖させる成分効果があります。
しかも、脂肪は減りやすくすぐにしぼむといわれていますが、ボルフィリンでどんどん増殖させた脂肪はしぼみにくいという事が検証結果でわかっています。

 

よって、セルノートは、プエラリア成分で脂肪をつけて、ボルフィリン成分で効率よく脂肪を増殖させることで、簡単に脂肪をつけることができるんです。

 

一般販売されているバストアップクリームには、プエラリアとボルフィリンのどちらかが配合されたものは売っていますが、なかなか2つの成分が配合された商品はないんですよね。
その点、セルノートは2つの成分が配合されています。

 

脂肪をつける事が何よりもバストアップをするときに重要になるポイントとなります。
セルノートは、1本で2つの成分効果を得ることができるのでオススメなんですね。

 

セルノートでバストアップに成功した方法はこちら>>